2011年10月11日火曜日

2011/10/06 肥田舜太郎先生インタビュー by 岩上安身氏

岩上安身オフィシャルサイトで、10月6日の肥田先生宅からの中継後に公開されたアーカイブです。

最後のQ&A(20分)を除いても4時間ありますが、少しずつでも全部視聴する価値あります。4月27日の屋外での講演をご覧になった方でもほとんど飛ばす箇所なく必見。

★当初は3部に分かれたUstream動画でしたが、現在はIWJアーカイブで有料(会員以外は500円)の動画となっています。約5分のハイライト動画だけでも御覧ください。(↓ClickでIWJサイトが別タブで開きます。)




なお、ツイッターで中継ツイートした方たちのまとめはこちら→IWJ】2011/10/06 肥田舜太郎先生インタビュー 実況。(この記事の最後にもTogetterの窓を埋込みました。)

文字で確認できるのはとても有難いですが、肥田先生のナマの声、お宝だと思います。ご自身も被曝され(ただし症状なし)原爆投下直後の凄惨な被爆患者を現地で診療された時から、内部被曝も含め数千人の被曝患者をこれだけ長きに渡り診てこられた医師は他にいないでしょう。

チェルノブイリ事故後の状況や世界の原発周辺で起きていることも、現在の医学の限界も非常によくご存知です。

素朴なお人柄に秘められた熱い闘志、そして途中で電話にも出られるので日常生活も垣間みることができます。何より、医学や軍事に関わる近代史・現代史の生き字引として、大変な情報量です。肥田先生のお話は、有料DVDでも観たことがありますが、どれもこれも貴重な情報満載。

英語字幕をつけて世界に公開しなくてはと思います。

Togetterの実況まとめ↓
(文字数制限の中での実況なので、肥田先生が引用として語られた箇所も、先生ご自身の言葉のように表示されています。例えば先生が「人権」という概念に目覚められたのは70代でドイツ講演した時に、先方ホストが聴衆に向かって語った言葉によっての気づき。)

0 件のコメント:

このガジェットでエラーが発生しました

Google検索